社員分類制度設計/人事考課制度設計/賃金制度設計/その他人事諸制度設計/研修・講演講師
成果主義を実現する人事考課
成果主義を実現する人事考課 成果主義を実現する人事考課/お問合せ
  MCO マネジメント・コンサルタント・オフィス  
TOPコンサルティング各種研修考課者研修企画見積書公開活動コラムリンク集サイトマップ
MCOサイト内を検索
 
MCOが目指すのは職場の活性化
職場活性化のツール(道具)と前提条件>職場の活性化プロセスと導入ステップ
MCOが目指すのは職場の活性化
目次
現場力を高める職場の活性化
なぜ職場の活性化が求められているのか
職場の活性化に向けた具体策
職場活性化のツール(道具)と前提条件
職場の活性化プロセスと導入ステップ
職場再生プログラム『9プロセス・マネジメント』公開セミナー
職場活性化無料相談・応募用紙
職場を活性化する『MCOの9プロセス・マネジメントと人材育成』
目次
人材育成の基本的な考え方
P・D・C・Aで行なう人材育成(OJT)
OJTニーズの把握と目標設定
日常の仕事の中でのOJT
面接によるOJT
職場活性化によるOJT
自己啓発によるOJT
 今なぜ「職場の活性化」が求められているのでしょうか。

 激変する時代は「危機は好機」でチャンスの時代といわれます。この好機に他社を大きくリードするキメ手は「職場の活性化」です。
 どうやら世界は大変革の時代が始まったようです。そうなると、従来の考え方、やり方、マネジメントのあり方は根本から問い直されなくてはならないようです。その基本姿勢は「変化には変化」です。
 1つは頭を柔らかにすること、つまり考え方や発想の変化です。もう1つは組織・職場の動態化、あるいは活性化です。この2つを合わせて「職場の活性化」と言います。職場の活性化こそが、大変化や危機を克服する大本命といってもよいのです。

人間の潜在能力を引き出し、組み合わせ、
大きな相乗効果を生み出す職場の活性化

ヤル気を起こさせる環境づくりがねらい

 職場の中に変革を起こし、より業績を高めていくためには社員一人ひとりの“ヤル気”が高まらなければなりません。しかし、このヤル気の強さは個人によって異なり、高いものから低いものに至るまでさまざまです。また個人のヤル気の強さは、常に一定ではなく変動的であり、しかも他者(例えば管理者)がコントロールすることはできません。では、ヤル気を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。
 D.マグレガー(X理論・Y理論)やF.ハーツバーグ(衛生理論)の研究によれば、人びとのヤル気を操作することはできなくても「ある条件さえ整えば」変革行動、つまりヤル気を起こさせることはできるといっています。このある条件とは「自由裁量」であり、人は責任ある仕事を自由に任されれば、ヤル気は起きるからそれが変革行動となります。
 9プロセス・マネジメントには、社員のヤル気を引き出すために、以下の動機づけの技術が組み込まれています。

<9プロセス・マネジメントに組み込まれている動機づけの技術>
参画による動機づけ(目標設定)
   目標の設定や計画の立案に参画させることにより、自らの目標や計画ととらえるようになり、これが責任の自覚にも結びつく。
自主統制による動機づけ(権限委譲)
   仕事の達成過程は自主管理させ、自由裁量の幅のある仕事を与える。
支援による動機づけ(O.J.T)
   計画に対する現在位置を確認させ、問題解決が必要な場合は支援(気づき)を与え、自信を回復させる。
自己反省による動機づけ(セルフ・チェック)
   自己の仕事をふり返らせることで、啓発の動機づけが生まれる。そのために自己評価を行わせ自己認知できる機会をもつ。
評価による動機づけ(人事考課・フィードバック)
   処遇のための評価だけでなく、部下の業績や能力の伸長を認める的確な評価をしてあげること。仕事の成果に関するフィードバックは極めて有効な方法。
新たな仕事による動機づけ(改善・仕事の昇進)
   仕事の範囲を広げる職務拡大とより仕事の質を高めていく職務充実は、仕事に魅力を感じ、達成感が味わえると感じたときに動機づけられる。

9プロセスマネジメントの概要については、小冊子(無料)をご覧下さい。
9プロセス・マネジメントに必要なツール
 9プロセス・マネジメントを職場で確実に循環していくためには、以下の展開ツールが必要です。
職務調査の実施
職種別職務一覧
職種等級別基本職務

基本職務遂行基準





職種別人事考課
  ○業績考課基準書
○能力考課基準書
○執務態度基準

職種別セルフ・チェック・リスト 





職場マネジメント・ガイド 
 

ステップ 0

ステップ 7
 
/μ劃敢困亮損棔ΑΑΑΑΑΑ 会社が社員に対して期待し要求する期待像を明らかにします。
   
職種別職務一覧表
   組織上の役割を果たすために、各職場にはどのような仕事があり、また各仕事はどのように関連し合っているのか、仕事の編成体系を明らかにすることは職務状況を把握するだけでなく、職務の確定や仕事の割当、職務変更あるいは職務改善に欠くことのできないものです。
職種等級別基本職務
   職種別等級別にどのような仕事を担当してもらいたいのか、会社が期待し要求する仕事を職場にある具体的仕事(課業)で説明したものです。仕事と人を結びつけることは、職場づくり(組織化)の基本中の基本となります。
基本職務遂行基準
   各仕事(課業)は、どの程度の広がりと水準でできてもらいたいのか、仕事の習熟度合いを表しています。これをもとに、計画的O J T、業績考課、自己評価の基準として役立てます。

⊃融考課基準書・・・・・・・
  (業績・能力・執務態度)
職務改善や人材の育成に役立つ絶対評価の基準づくりをします。
   
 各人の長所、短所ないしはすでに期待基準を超えている部分と、基準に到達していない点を正しく観察し、どのように努力すれば、欠点を直し長所を一層伸
ばすことができるか、といったことを細かくとらえていくには評価のためのものさし(考課基準)が必要になります。

セルフ・チェックリスト・・・・・
  (自己評価)
己の職場への貢献を振り返るための準を明示します。
   
課基準をより明確にしていけば、おのずと自己評価も可能となります。
上司評価に自己評価を絡ませ、それを中心に上司と部下とで話し合いを進め
ることで、有効な指導とか、相互の信頼感とか、職務意識とか、能力意識が高まってきます。
9プロセスマネジメントの概要については、小冊子(無料)をご覧下さい。
9プロセス・マネジメント導入の前提条件
 9プロセス・マネジメントを職場に導入するにあたっては、それなりの前提条件が整っていなければなりません。






















会社が期待し要求する仕事像、能力像の明確化
 各人に何が期待されているのか、はっきりしない状態では、参加や参画の基準をどこにおけばよいかが分かりません。まず会社が期待し要求する仕事像(職種別等級別基本職務および職務遂行基準書)、能力像(職種別等級別職能要件書)が全社的にとりまとめられていなければなりません。なお期待人材像を明らかにするには、職務調査が必要となります。
相互信頼の職場風土が確立されていること
 部下に参加を求め、衆知を結集していく職場マネジメントにおいては、部下の自主性は尊重され、部下にとっては創造性を発揮する場が与えられることになります。また参加を求めるからには、強制や統制をできるだけ排し、なによりも部下を信頼することをその根底としなければなりません。それには職場管理者が役割分担や仕事を配分する際に、いかに部下を参加させるかが大きな決め手となります。
双方向のコミュニケーンが維持されていること
 野球チームのメンバーは、練習のときも試合のときも互いにしきりと声をかけあっています。それは自分の行動目標を知り、チームメイトのしていることを知らなければ、チームワークを良くし、試合に勝つことができないからです。これと同様に職場の中でも互いの情報を共有することによって、コミュニケーション・ギャップは解消され、お互いの葛藤や対立、セクショナリズムなどを回避することができます。
育成のための人事考課制度が確立されていること

 低成長、高年齢化の時代にあっては、各人の能力を高めていかなければ、高い業績はとうてい望めません。仕事の成果(アウトプット)も大切ですが、それをもたらす原因(インプット)はもっと大切です。これからの人事考課は、業績考課とあわせて能力の診断、分析としての能力考課を重視していくことが必要で、その際も、業績=能力といった短絡的なとらえ方ではなく、両者をキチンと識別した人事考課制度が求められています。そして人事考課の結果を的確にフィードバックし、次の仕事の配分や育成目標に結びつけていかなければなりません。
職場マネジメントのシステム化

 これまでわが国の個別管理(目標の設定、評価、育成)は、職場管理者の考え方次第でバラバラに行われてきました。しかし今後は、これでは人材の育成も職場業績の向上もとうてい望めません。資格制度や人事考課制度、他の諸制度(例えば目標管理制度)などとの関連をもたせたうえで個別管理をシステム化していく必要があります。また、システムを効果的に運用していくためのルールや運用の手引き(運用ガイド)を整備する必要があります。さらには、運用のための「目標シート」「行動観察メモ」を初めと刷る書式、様式を準備することも、システム化の一環として忘れてはなりません。

9プロセスマネジメントの概要については、小冊子(無料)をご覧下さい。
職場再生プログラム 9プロセス・マネジメント公開セミナー
●セミナーの概要
 
 職場マネジメントについて「あまりよく分からない」あるいは「セミナーに関心がある」という方は、まずこちらの小冊子<職場再生プログラム―9プロセスマネジメント>をお読み下さい。MCOが20年余りの間、多くの企業と共に培ってきた職場マネジメントの基本的考え方とそのしくみを平易に解説しています。
●講       師
 
有限会社 マネジメント・コンサルタント・オフィス
代表取締役    森 英一
●会 期 ・ 会 場
 
2012年10月12日(金) 10:00〜16:00
【会場】横浜市技能文化会館
【定員】30名
参加定員の関係でご参加いただけない場合は、折り返しご連絡いたします。
●参   加    料
 
MCO登録会員            8,000円/1人
上記会員外              12,000円/1人
早期申込み              10,000円/1人
(MCO登録会員以外で、開催日1ヶ月前にお申込みの場合に該当いたします)
※参加料には資料代が含まれますが、昼食代は含まれておりません。
●開催のねらい
 
 変化と多様化が進む今の時代、「仕事力」と「現場力」の低下が危惧されています。職場の一人ひとりがやる気に溢れ、お互いが協力して、高い付加価値を創造し続けるには、時代にあったマネジメント体制をつくり出すことが求められています。
当プログラムは、自立した個人が自己の成長が実感でき、自信を持って、周囲や顧客に一歩踏み込んだ行動を起こさせることを目的とした、職場活性化のためのマネジメント提案セミナーです。新たな職場マネジメントを体系的に学習できるだけでなく、多数の実践的なスキルを紹介することで、応用力が確実に身につきます。
●プログラム概要
 
1日  10:00〜16:00
【機曠泪優献瓮鵐箸陵論と技術
  (1)よい職場の条件と管理者の役割 
(2)管理を循環過程で捉える
(3)職場の強みと弱みの分析
【供杰場の問題解決と目標設定
  (1)論理的思考法による本質的問題の発見
(2)仮説による問題解決へのアプローチ
(3)上下の目標認識の修正技法
【掘曖裡味个2つの法則とOJTのコツ
  (1)コミュニケーションの本質とは
(2)潜在意識に働きかけるOJTのコツ
(3)職場に変化を起こす活性化技法
【検杰融考課と部下育成
  (1)部下の育成ニーズとは
(2)人事考課と個別育成目標
(3)動機づけの理論と技法
【后杙纏の改善と仕事の割当
  (1)人材期待基準の明示のしかた
(2)仕事の改善と期待基準の修正
(3)結果業績と仕事の見直し
【此杼躋腓伴禅娠答
9プロセスマネジメントの概要については、小冊子(無料)をご覧下さい。
MCO(無料会員登録)
『9プロセス・マネジメント』公開セミナーお申込み
職場活性化無料相談

 職場は、人の集まりですから常に「職場の健康度」に注意を払う必要があります。 職場の健康度は、「職場活性」と「目標指向性」の2つの領域から診断されます。

<職場活性>

職場メンバーの目標達成指向が強く、目標達成のための課題解決に向けてメンバーが相互協力、相互信頼の下に努力し、その中で個々人が成長していけるような職場であるかをみます。

<目標指向性> 全体の目標とメンバーレベルでの目標が統合されれていて、その達成に向けて努力することにより職場活動が活気あるものになっているかをみます。
また、職場目標が全員に徹底されているか、メンバー同士がお互い協力し合う職場風土が形成されているかをみます。
 職場活性化への今後の取り組みという視点から、職場および貴方の考えをお聞かせ下さい。ご回答いただいた方には、ご希望により「無料相談」または「職場の雰囲気分析資料(職場の状況や雰囲気を5つの観点から分析し、改善指標をつかむ)」の提供いたします。
質  問  内  容 はい いいえ
1. 職場の全体目標は、事前に明確に示されている。    
2. 職場の目標と個人の仕事が、しっかりと結びついている。    
3. 職場では、言いたいことをハッキリ言える。    
4. 地位や形式にとらわれず、本当のことが言える。    
5. 上司は部下を信頼し、部下は上司を信頼している。    
6. 相手の立場を考えて、互いに助け合っている。    
7. 他部署のことも考えて仕事を進めている。    
8. 問題の責任を他部署や他人に転嫁することはない。    
9. 個人の能力や適性が十分に活かされている。    
職場活性化無料相談・応募用紙
>職場の活性化プロセスと導入ステップ
MCOが目指すのは職場の活性化
目次
現場力を高める職場の活性化
なぜ職場の活性化が求められているのか
職場の活性化に向けた具体策
職場活性化のツール(道具)と前提条件
職場の活性化プロセスと導入ステップ
職場再生プログラム『9プロセス・マネジメント』公開セミナー
職場活性化無料相談・応募用紙
職場を活性化する『MCOの9プロセス・マネジメントと人材育成』
目次
人材育成の基本的な考え方
P・D・C・Aで行なう人材育成(OJT)
OJTニーズの把握と目標設定
日常の仕事の中でのOJT
面接によるOJT
職場活性化によるOJT
自己啓発によるOJT
 
MCOいちおし関連コラム(このテーマに関心がある人はこんなコラムも読んでいます)
1.多様化する職場のコミュニケーション・・・重要な「伝える力」と「聴く力」
2.職場活性化の実例・・・P.F.ドラッカーのIBM物語
3.メンタルヘルス」対策と職場の活性化」・・・雇用多様化の時代を迎えて
4.職場活力を向上させるリーダーシップ(供法ΑΑζ仔租リーダーシップ
5.職場活力を向上させるリーダーシップ(機法ΑΑΔ修隆靄榲考え方
6.職場を活性化する!MCOの9プロセス・マネジメント
7.職場活性化の成功ポイント
8..職場の活性化と組織の成功循環モデル
9.社員の働きがいとリーダーシップとコミュニケーション.
お問合せ
ページトップへ
MCO 有限会社マネジメント・コンサルタント・オフィス
〒232-0036 横浜市南区山谷72-1-710 Tel:045-334-7680(代表) Fax:045-334-7681