社員分類制度設計/人事考課制度設計/賃金制度設計/その他人事諸制度設計/研修・講演講師
成果主義を実現する人事考課
成果主義を実現する人事考課 成果主義を実現する人事考課/お問合せ
  MCO マネジメント・コンサルタント・オフィス  
TOPコンサルティング各種研修考課者研修企画見積書公開活動コラムリンク集サイトマップ
MCOサイト内を検索
 
MCOが目指すのは職場の活性化
なぜ職場の活性化が求められているのか職場の活性化に向けた具体策
MCOが目指すのは職場の活性化
目次
現場力を高める職場の活性化
なぜ職場の活性化が求められているのか
職場の活性化に向けた具体策
職場活性化のツール(道具)と前提条件
職場の活性化プロセスと導入ステップ
職場再生プログラム『9プロセス・マネジメント』公開セミナー
職場活性化無料相談・応募用紙
職場を活性化する『MCOの9プロセス・マネジメントと人材育成』
目次
人材育成の基本的な考え方
P・D・C・Aで行なう人材育成(OJT)
OJTニーズの把握と目標設定
日常の仕事の中でのOJT
面接によるOJT
職場活性化によるOJT
自己啓発によるOJT
 今なぜ「職場の活性化」が求められているのでしょうか。

 激変する時代は「危機は好機」でチャンスの時代といわれます。この好機に他社を大きくリードするキメ手は「職場の活性化」です。
 どうやら世界は大変革の時代が始まったようです。そうなると、従来の考え方、やり方、マネジメントのあり方は根本から問い直されなくてはならないようです。その基本姿勢は「変化には変化」です。
 1つは頭を柔らかにすること、つまり考え方や発想の変化です。もう1つは組織・職場の動態化、あるいは活性化です。この2つを合わせて「職場の活性化」と言います。職場の活性化こそが、大変化や危機を克服する大本命といってもよいのです。

人間の潜在能力を引き出し、組み合わせ、
大きな相乗効果を生み出す職場の活性化
高付加価値経営に向けた経営基盤の整備
 バブル経済崩壊後の日本企業の多くが、経営環境の構造的変化によって事業のライフサイクルでいう最終ステージ(衰退期)を迎えています。既存事業の余裕のあるうちに、新規分野を開拓し、明日の事業の種を蒔き育てるための条件を組織内に作り出していくためには、経営システムを効率追求型(シェア重視の経営)から効果追求型(付加価値重視の経営)へと転換していかなければなりません。そのためには、付加価値経営が展開できる組織風土の醸成・定着が不可欠です。具体的には、以下の組織風土や仕組みづくりを目指すことになります。




経験を重視した仕事のやり方ではなく、“失敗の効用”に着目した挑戦の奨励
業界の常識化や過去の成功体験に挑戦する新たな商品コンセプト、仕組みづくりを推進するために創造力の発揮を奨励する
個々の社員の主体性と自由を尊重し、政策論争を奨励する
他の人と違った視点・論点を提供できる異質人材の確保
 効率追求型経営の組織風土や仕組みが、効果追求型経営にまで引きずられると拒絶反応を起こし、新たな経営展開に対して“ブレーキとして作用する”ので、職場の活性化への取り組みが求められてくるのです。
多様化する労働観への対応
 社会が高度化していくなかで、社員の労働観は当然ながら多様化していきます。また一方で、企業が求める人材も経営改革に伴って自ずから多様化し、一様ではありません。
 そこで、需要と供給のマッチングを図っていくためには、人材の育成と活用のための区分、つまり職群の編成と制度化が必要になってきます。つまり、複線型人事です。
 この複線型人事管理を導入することによって、社員の価値観の多様化と企業が求める人材の多様化の調和を進めていくことが可能となりますが、それぞれの役割、すなわち担当する仕事や仕事にかかわる責任や権限は異なり、人材要件も能力開発のあり方も育成のパターンも、そして賃金等の処遇も違ってきます。
 このように働くことに対する価値観の異なる社員が一個の協働体となって、職場目標を達成していくためには、目標に向かってまとまらなければなりません。そのためには、仕事に関係ある情報が常に正確に伝達されるばかりでなく、公式、非公式の流れを円滑にして、職場が働きよい、気持ちのよい場所であるようにすることが、極めて大切です。ここに職場の活性化が求められている、もう1つの理由があるのです。職場の活性化を成功させるための人事の基本ポリシーを示すと、以下の通りです。
/融方針: 組織への忠誠心を求める人事から、社員の自己実現の場を提供する 人事へと転換すること
⊃雄牾萢僂療按貭謬據 人材活用を図るために企業の枠を超えて適材適所を追求する“出入り自由なシステムの構築”を可能とする人事制度を確立すること
5_颪諒薪・結果の不平等の追求: 人材の配置、教育・研修の機会は平等に提供し、評価・処遇は業績に応じて差をつける
 現在の日本の企業は、『ヒト余りの中の人材不足』という逆説的な問題に直面しています。
 このことは、自律的な思考・行動パターンの持ち主で、自己の創造力を武器にして、組織(職場)が直面する本質的な問題を発見し、克服することのできる人材が獲得・育成できるような“魅力ある組織づくり”が求められていることを意味しています。
 また、魅力ある組織(職場)づくりのポイントは、職場や個人の“強みをとことん活かす”ことにあります。なぜなら、弱みを克服しても一流にはなれませんが、強みを磨くことで、一流への道が開かれてくるからです。
 
職場の活性化に向けた具体策
MCOが目指すのは職場の活性化
目次
現場力を高める職場の活性化
なぜ職場の活性化が求められているのか
職場の活性化に向けた具体策
職場活性化のツール(道具)と前提条件
職場の活性化プロセスと導入ステップ
職場再生プログラム『9プロセス・マネジメント』公開セミナー
職場活性化無料相談・応募用紙
職場を活性化する『MCOの9プロセス・マネジメントと人材育成』
目次
人材育成の基本的な考え方
P・D・C・Aで行なう人材育成(OJT)
OJTニーズの把握と目標設定
日常の仕事の中でのOJT
面接によるOJT
職場活性化によるOJT
自己啓発によるOJT
 
MCOいちおし関連コラム(このテーマに関心がある人はこんなコラムも読んでいます)
1.多様化する職場のコミュニケーション・・・重要な「伝える力」と「聴く力」
2.職場活性化の実例・・・P.F.ドラッカーのIBM物語
3.メンタルヘルス」対策と職場の活性化」・・・雇用多様化の時代を迎えて
4.職場活力を向上させるリーダーシップ(供法ΑΑζ仔租リーダーシップ
5.職場活力を向上させるリーダーシップ(機法ΑΑΔ修隆靄榲考え方
6.職場を活性化する!MCOの9プロセス・マネジメント
7.職場活性化の成功ポイント
8..職場の活性化と組織の成功循環モデル
9.社員の働きがいとリーダーシップとコミュニケーション.
お問合せ


人事考課者研修(訓練)リーダー用マニュアルのご案内
 
「考課者研修リーダー用マニュアルのご案内」
リーダー用マニュアルお申し込み 受付中 !
1セット 85,000円(別途に消費税がかかります)
(テキストシート20部とのセットでのご注文となります)
追加のテキストシートは1部2,500円(別途に消費税)

 本リーダー用マニュアルは、育成・活用型人事考課における考課者研修(訓練)のリーダー養成を目的として作成されています。考課者の評価能力の向上は勿論のこと、評価した結果を部下の育成・指導に活用し、職場の活性化にも著しい効果があります。
なお、マニュアル内容については、下記アドレスをご覧下さい。
●人事考課者研修リーダー用マニュアルの概要

○ お申し込み単位について 研修参加者用のテキストシート20部とのセットでのご注文となります。
○ お支払い方法 請求書を送付いたしますので、後日指定の口座にお支払い下さい。※ ご請求金額=申し込み代金+送料
○ お申し込み方法 下記お申し込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
 
 
このたびは『考課者研修リーダー用マニュアル』のご購入ありがとうございます。
下記項目のご入力をお願い致します。(※印の項目は必須入力項目です)
郵便番号: (半角数字)例:011-0033
住所: 必須
会社名: 必須
所属部署: 必須
役職:
氏名: 必須・漢字)
おなまえ: (ひらがな)
メールアドレス: 必須・半角英数字)
電話番号: 必須)例:03-0001-0222
ご意見・ご質問:

個人情報の取扱いについて
当社は、取得した個人情報(住所・氏名・メールアドレス・電話番号・お申込内容等)を、警察、検察、裁判所等の公的機関より、法律に基づく正式な情報開示の要請があった場合以外に、第三者に譲渡・提供したり、別の目的で使用することは一切ございません。 どうぞご安心してご利用ください。
ページトップへ
MCO 有限会社マネジメント・コンサルタント・オフィス
〒232-0036 横浜市南区山谷72-1-710 Tel:045-334-7680(代表) Fax:045-334-7681