社員分類制度設計/人事考課制度設計/賃金制度設計/その他人事諸制度設計/研修・講演講師
成果主義を実現する人事考課
成果主義を実現する人事考課 成果主義を実現する人事考課/お問合せ
  MCO マネジメント・コンサルタント・オフィス  
TOPコンサルティング各種研修考課者研修企画見積書公開活動コラムリンク集サイトマップ
MCOサイト内を検索
 
人事考課の活用と考課者訓練成果主義人事と考課者訓練
 
成果主義人事と考課者訓練
考課者訓練の内容と進め方
人事考課の活用と考課者訓練
 
 人事考課の役割は大きく分けて2つあります。その1つは昇給や昇格・賞与などの人事制度を適正に運用していくために必要な「人事情報の提供」であり、もう1つは管理・監督者が部下の育成や適性を考えた仕事の割当てや仕事の改善など「職場マネジメントに活用」していくことです。したがって、考課者(管理者)は人事考課制度の内容を理解し、評価の技法に熟達するだけでなく、評価結果を日常の職場マネジメントにどう役立てたらよいのかについても十分理解し、それを実践していく使命をもっています。

 しかし、これまで各社が行なってきた考課者訓練や研修機関のパンフレット等に紹介されている訓練プログラムの内容をみると、「評価結果をどう職場で活用したらよいのか、その具体的方法」については、必ずしも十分な説明や訓練が行なわれていないように思われます。この点についての訓練不足が、寛大化傾向の遠因(考課者が処遇のための評価と考えると評価が甘くなる)にもなっているし、考課者(上司)と被考課者(部下)との間の相互信頼が揺らいでくる直接的原因を作っているのではないでしょうか。
<人事考課の2つの役割>
人事考課の役割
○ 人事諸施策への活用 ─── 昇給・賞与等に関する
「人事情報の提供」
○ 職場管理への活用 ──── 部下育成・仕事の改善
  「能力や適性の把握」
職場管理と考課者訓練
 人事考課の結果を用いて考課者である管理・監督者が、職場の中で「部下の意欲づけと計画OJT」にどう活用していくか、「仕事の割当てや仕事の改善」にどう役立てていくかというテーマは、考課者訓練の中で大きなウエートを占めています。しかし、これまでの考課者訓練では、「評価結果の公正さ」だけが重視され、その前提である目標設定や仕事の割当て、部下の動機づけ・育成指導(OJT)といった「評価手続きの公正さ」は殆んど取り上げられてきませんでした。

 具体的には、人事考課の結果を分析し、今後の育成ニーズを把握して個別育成計画書を作成する「考課OJT訓練」であり、それをもとに部下にフィードバックする「考課面接訓練」です。これらの訓練がなくては、公正な評価結果を得ることは難しいし、考課者訓練の面からいっても、人事考課の職場活用は重要なテーマといえます。
<考課者訓練の目的と内容>
考課者訓練   訓練の目的 訓練の内容
「結果の公正さ」 ○評価ルールの理解
○評価実習で評価技法の修得
 
「手続きの公正さ」 ○目標設定・仕事の割当やOJTの内容
○ロープレで面接技法の修得
考課者訓練のポイント
 繰り返しになりますが、考課者訓練は人事考課に必要な知識と評価技法を学び、かつそれを仕事の割当てや改善に応用できるよう評価能力を向上していくことを訓練の目的においています。その場合の訓練方法は、講義中心では不十分です。その理由は以下の点にあります。
<考課者訓練の特徴>
考課者訓練は、それぞれの考課者が持っている価値観や人間観が相互にぶ
つかり合う場面であること。
人事考課に必要な知識や技法を学んだからといって、その通りに考課者が
部下を評価するとは必ずしも期待できないこと。(人間は知ったことと、
行動することとは、必ずしも一致しない)
したがって、考課者訓練は態度づけられるまで、繰り返し継続的に行なう
ことが必要です。
 「考課者研修」より「考課者訓練」というのが一般的ですが、その理由は「知識の習得」にとどまらず、防災訓練等と同様に、訓練で学んだことを「実際に行動をする」ことが求めているからです。したがって、考課者は部下を評価する際には、考課者訓練で体験した手順や方法通りに部下を評価することが期待されています。この点を踏まえ、考課者訓練を実施する際のポイントについて整理すると、以下の通りです。
考課者訓練を企画・実施するポイント
<1> 人事制度の理念(成果主義)を実践する場は職場にあり、部下のヤル気
を引き出して職場業績に貢献させる鍵は、考課者が握っています。
<2> 業績向上のための円滑な職場マネジメント・サイクルの実践は、考課者
訓練に大きく依存しています。
<3> 人材を育成し、職場マネジメントに役立つ考課者訓練は、自社オリジナ
ルケース(文章ケース)でなければなりません。
──────────────────────────────
市販用ビデオや汎用ケースを使用して評価実習をしても、実際の職場と
は設定状況が異なり、評価実習による本来の効果が期待できない。
自社オリジナルケースでないと、評価結果から育成ニーズを把握し、今
後の仕事の割当やOJTへ展開(個別育成計画書の作成)していくことが
困難であること。
△悩鄒した個別育成計画書をもとに、どのようにフィードバックした
らよいのか、上司の期待基準と部下の満足基準のギャップを埋めるため
の面接シナリオの作成や面接演技(ロールプレイ)に結び付けていくこ
とができない
オリジナルケースの成功例を他の職場に水平展開したり、失敗例から問
題形成や問題解決へと展開していくことができない。
考課者訓練の詳細はhttp://www.officemc.co.jp/koukasha/index.html 参考にしてください
成果主義を実現する―MCOの考課者訓練
目次
成果主義人事と考課者訓練
考課者訓練の内容と進め方
人事考課の活用と考課者訓練
考課者訓練のお問合せ


人事考課者研修(訓練)リーダー用マニュアルのご案内
 
「考課者研修リーダー用マニュアルのご案内」
リーダー用マニュアルお申し込み 受付中 !
1セット 85,000円(別途に消費税がかかります)
(テキストシート20部とのセットでのご注文となります)
追加のテキストシートは1部2,500円(別途に消費税)

 本リーダー用マニュアルは、育成・活用型人事考課における考課者研修(訓練)のリーダー養成を目的として作成されています。考課者の評価能力の向上は勿論のこと、評価した結果を部下の育成・指導に活用し、職場の活性化にも著しい効果があります。
なお、マニュアル内容については、下記アドレスをご覧下さい。
●人事考課者研修リーダー用マニュアルの概要

○ お申し込み単位について 研修参加者用のテキストシート20部とのセットでのご注文となります。
○ お支払い方法 請求書を送付いたしますので、後日指定の口座にお支払い下さい。※ ご請求金額=申し込み代金+送料
○ お申し込み方法 下記お申し込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
 
 
このたびは『考課者研修リーダー用マニュアル』のご購入ありがとうございます。
下記項目のご入力をお願い致します。(※印の項目は必須入力項目です)
郵便番号: (半角数字)例:011-0033
住所: 必須
会社名: 必須
所属部署: 必須
役職:
氏名: 必須・漢字)
おなまえ: (ひらがな)
メールアドレス: 必須・半角英数字)
電話番号: 必須)例:03-0001-0222
ご意見・ご質問:

個人情報の取扱いについて
当社は、取得した個人情報(住所・氏名・メールアドレス・電話番号・お申込内容等)を、警察、検察、裁判所等の公的機関より、法律に基づく正式な情報開示の要請があった場合以外に、第三者に譲渡・提供したり、別の目的で使用することは一切ございません。 どうぞご安心してご利用ください。
ページトップへ
MCO 有限会社マネジメント・コンサルタント・オフィス
〒232-0036 横浜市南区山谷72-1-710 Tel:045-334-7680(代表) Fax:045-334-7681