社員分類制度設計/人事考課制度設計/賃金制度設計/その他人事諸制度設計/研修・講演講師
成果主義を実現する人事考課
成果主義を実現する人事考課 成果主義を実現する人事考課/お問合せ
  MCO マネジメント・コンサルタント・オフィス  
TOPコンサルティング各種研修考課者研修企画見積書公開活動コラムリンク集サイトマップ
MCOサイト内を検索
 
収益向上とローコスト経営を目指す成果主義最短距離で到達できるのがMCOの
考課者訓練
成果主義導入企業の課題、人事考課の評価に関する不平・不満をなくし納得性が高まる考課者訓練を行っています。成果主義は人事考課の運用次第! でも、人事考課は制度の整備も大切ですが、考課者訓練で管理者の評価能力をアップさせることはもっと重要です。

成果主義で一番懸念される弊害は社員に短期志向が強まることですが、中期経営ビジョンに基づいた人事考課を設計・運用し、考課者訓練で管理者をその推進者に育成しましょう! 考課者訓練を実施するための費用については、ここからお入りください。
最も頻度の高い考課者訓練を教えよう
  人事考課者訓練の目的
人事考課を行うに当たって、管理者が持っている主観的バイヤスを最大限縮小すること。
よく言われている考課者訓練の目的はここまで、

  人事考課制度の整備と開示をより強く求めるのが成果主義人事。
個別管理に移る成果主義人事では、個人の成果が処遇に結びつくため、社員は"評価"には敏感になる。公正さと納得性は人事考課制度が取組む二大事業。
 
  しかし MCOの考課者訓練はここが違う!
部下の能力を開発・発揮させ、職場チームワークを維持し、目標達成に挑戦する風土づくりを行う管理者を養成する
これぞまさしく職場マネジメント
  養成コース   標準的モデルコースを紹介
★基礎コース
★評価実習コース
★OJTコース
★F・Bコース
(フィードバックコース)
詳しい内容はそれぞれの世界に入って見てネ
 
管理者の意識が変われば部下も変わる。人事考課は実は部下育成の玄関口。管理者と部下がスクラム組んで目標に挑む体制に向わせるのがMCO的考課者訓練。
その結果が、公正な評価ができる管理者となるのだ。
    企業が採用した
最も頻度の高い考課者訓練を教えよう
最も頻度が高いということは、最も効果的ということ。しかし、日程は同じでも内容は企業のニーズによって異なってくるのがMCO考課者訓練の特長!
   
  人事考課はOJTにも強い味方
評価実習・OJT・フィードバックのコースを受けた管理者が職場に戻れば、部下から信頼を勝ち取ってしまう。
   
成果主義になって、今更のようにOJTが叫ばれているけれど、特別なことをする必要ナシ!この考課者訓練で計画OJTも完璧!部下も喜ぶMCOの考課者訓練。
         

考課者訓練の実施について
考課者訓練の実施を検討されている企業の方!当オフィスにご連絡ください。
貴社のご要望にそい、受講される管理・監督者の方々のレベルアップに役立つ訓練日程をスタッフの方と一緒に作成します。
講師料 25万円 〜 35万円 (1日当たり)
1回の対象受講者 15〜20名が最適(最大25名、1回当たり)
実習用ケース作成料 35万円 (1ケース当たり)
オリジナルケースを作成する場合、インタビュー作成、事前分析に1ケ月程度を要しますので、研修開催日についてはその期間を考慮してください。
テキスト 「公正な評価をするために」定価 2,500円

※なお、自社版「考課者の手引き」および「人事考課の運用基準」の作成も承っております。


考課者訓練の企画相談について
考課者訓練を実施してみたいが、どう企画したらよいのか、御悩みの方へ!ぜひ、ご連絡ください。考課者訓練を行っている講師自身が赴き、貴社の人事制度、対象考課者数、時間数、費用等をふまえた、企画段階から訓練の組み立てのご相談に応じています。

特   長
●読みやすく、使いやすい訓練専用のテキストを使用
●事例研究、評価実習、OJT計画の作成、役割演技面接など、受ける研修ではない、実体験中心の訓練編成
●聞くだけの講義は少なく、グループ討議を重視した参加者主導型
●人事考課への理解度がわかり、さらに訓練後の効果が測定できる独自のテストを採用
考課者訓練のお申込み・お問合せ
ページトップへ
MCO 有限会社マネジメント・コンサルタント・オフィス
〒232-0036 横浜市南区山谷72-1-710 Tel:045-334-7680(代表) Fax:045-334-7681