社員分類制度設計/人事考課制度設計/賃金制度設計/その他人事諸制度設計/研修・講演講師
成果主義を実現する人事考課
成果主義を実現する人事考課 成果主義を実現する人事考課/お問合せ
  MCO マネジメント・コンサルタント・オフィス  
TOPコンサルティング各種研修考課者研修企画見積書公開活動コラムリンク集サイトマップ
MCOサイト内を検索
MCOの複線型人事制度設計の基礎講座
一人ひとりの意思と適正にそった人事制度複線型人事制度
目次
新時代の人事・賃金管理の基本的考え方とあり方
一人ひとりの意思と適正にそった人事制度
価値創造経営を目指す複線型人事
複線型人事と賃金制度
複線型人事と人事考課制度
成果主義の複線型人事のメリット・デメリット
複線型人事制度の留意点
成果主義を成功させる複線型人事
企業の期待目標を明確にする
 個人を尊重した成果主義人事(経営)に移行していく際、最も問題となってくるのが、
成果とは何か』を明らかにすることです。それが、曖昧では意思に応じた育成も、適性に応じた活用も公正な評価・処遇も安定したものになり得ません。つまり、従来の属人的年功基準に変えて成果主義人事の基準を明示していくことが、成果主義人事を納得あるものにしていくのです。
 そこで、その『成果』ですが、それは企業が社員に対して求める期待像でなければなりません。そして、それは社員からすれば自己の目標像となります。この期待目標像を全員が把握できるよう明示することが、成果主義人事の出発点となります。
<成果としての3つの期待目標像>
  期待目標像
○ 等級基準 : 職群別等級別の期待役割像
○ 職務基準 : 職種別等級別の基本職務の期待像
○ 職群基準 : 進路選択別の人材要件
 これらの3つの期待像を基準として、仕事が割当てられ、評価が行われ、これに向けて人材育成が行われ、これを基として処遇が行なわれます。

 MCOは「等級基準」をベースとした職務調査を通じて職務基準、そして職群基準を明らかにしていくことで、『人間性尊重』と『経営組織力の向上』という双方を満たすトータル人事制度を企業の皆様に提案しています。
人材活用は個別管理と多元管理で
 成果主義は本来、人はそれぞれ顔が違うように、持っている適性、備えている能力特性、働くことの価値観は異なるものであるという認識に立って、個人の能力を最大限に開発・育成し活用するというものです。となると、個々の社員の意思と適性に応じて、人材の育成・活用・評価・処遇を進めていくには、共通軸である役割等級制度だけを整備するだけでは十分ではありません。

 従来のわが国の人事は、画一的一律管理の集団主義によって貫かれ、職場における個別管理も上司の考えによってバラバラに行なわれてきました。また、昇進にしても管理職昇進の単線昇進しかありませんでした。これではゼネラリストは育っても、それぞれの分野で専門的な知識や技術をもったプロフェッショナルは育ちません。
 しかし今後は、多様化する人材に対応した個別管理、多元管理を確実に展開することで、各社員の意思と適性に応じて十分に生涯労働を充足させることができ、それが企業の発展にて貢献することになります。
成果主義を実現する―MCOの複線型人事の設計・導入基礎講座
目次
新時代の人事・賃金管理の基本的考え方とあり方
一人ひとりの意思と適正にそった人事制度
価値創造経営を目指す複線型人事
複線型人事と賃金制度
複線型人事と人事考課制度
成果主義の複線型人事のメリット・デメリット
複線型人事制度の留意点
成果主義を成功させる複線型人事

MCOいちおし関連コラム(このテーマに関心がある人はこんなコラムも読んでいます)
1.自由競争時代の企業人事(複線型人事制度)
2.日本的経営と専門職制度と複線型人事(供
3.日本的経営と専門職制度と複線型人事(機
4.多様性を競争力にする人材の活用・・・ダイバシティ・マネジメント
5.「コース別人事」より「複線型人事」、成果主義人事を設計するコツ
6.社員区分の再編成から成果主義体制をつくろう
7.多様化時代の人材育成<9プロセス・マネジメントと人材育成>
社員のやる気を引出し顧客本位のビジネスプロセスに改革する
MCO「複線型人事制度Q&A解説」(無料会員登録)

MCOの「複線型人事」をQ&Aで分かり易く説明しています。

会員登録の方には、Q&A解説のサイトアドレスを
メールで自動返信致します。
『社員のヤル気を引出し、ビジネスプロセスを改革して、
事業戦略を実現しましょう』
お問合せ
ページトップへ
MCO 有限会社マネジメント・コンサルタント・オフィス
〒232-0036 横浜市南区山谷72-1-710 Tel:045-334-7680(代表) Fax:045-334-7681